みなさんは、しわなどをはじめとする”たるみ治療”にどのようなイメージを持っていますか?

ほとんどの方が、顔にメスを入れる手術を用いた治療を想像すると思います。

もちろん、今もその手術によるたるみ治療は行われています。

具体的にはたるみの原因となっている脂肪を切除するための手術となります。

たるみが半永久的に解消されるため非常に有効な方法ではありますが、メスを使用するためお肌に傷がついてしまいます。

そこで、現在たるみ治療の主流となっているのが、お肌の表面を一切傷つけない手法です。

”サーマクール”という名前の、熱エネルギーを利用した治療です。

お肌の深い部分である真皮という場所に直接アプローチをかけるため、効果を実感できるのが最も早く、さらに効果も長続きします。

本日ご紹介しますのは、サーマクール治療を行っている「クロスクリニック(公式ホームページは→こちらのサイト)」です。

なんといっても院長が自分のお肌を使ってサーマクール治療を実践しています。

ですので、患者様の立場に立った治療をしてもらうことができます。

また、初期に行うカウンセリングからサーマクールの照射を一貫してベテランの形成外科専門医が担当してくれるため、安心ですよ。

さらに、院長は毎年サーマクールにまつわる研究結果を学会で発表しています。

つまり、サーマクールのスペシャリストということになります。

家庭教師をしている人は大勢います。

そんな中から家庭教師を選ぶとなると、ご自身の中での「家庭教師の選び方」を明確にしておくことが必要になります。

以下に、家庭教師の選び方のご参考になるポイントを掲載しています。

●過去の実績

家庭教師の実績とは、「これまで指導した生徒の合格率」ですが、主に「希望校への合格率」ということになります。

ただし、学歴が良い家庭教師=過去の実績が良い家庭教師、ということにはなりません。

指導方法は家庭教師によって異なりますので、希望校に合わせた指導ができているのかが大事なポイントになります。

また、「過去に指導した生徒の中にお子さまの志望校の合格歴があるかどうか」も確認するとよいでしょう。

●料金

家庭教師の料金で選ぶという方も多いです。

格安=質が悪い、割高=質が良い、とは直結できません。

最近では家庭教師の派遣会社がこぞって値下げ戦争を行っていることもあり、格安ながら質が良い家庭教師も多くあります。

ずっと続けていくことを考えると、ご家庭の経済状況に見合った料金であることも重要かと思います。

●性別

家庭教師の性別にこだわる方も決して少なくありません。

性別による教え方の違いはそれほどありませんが、たとえば「体育会系のノリの先生がいい」といったことや「同性同士のほうが安心する」といったお子さまのご希望もあるかと思います。

そのようなときにはぜひ条件に見合う家庭教師を選んでください。